--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/10
28
[ #80 ]

「病院の待合室」劇場

今日、コンタクトを作り直すために眼科に行った。

その眼科での待合室。
日曜ということもあって、
診察まで時間がかかる。

ボケーっとしていると・・・

――――――――――――――――――――――――

斜め前のある親子。
小学校高学年くらいの娘さんと、
付き添い風のお母さん。

順番に待ちくたびれたのか、
お母さんはウトウト舟を漕ぎ始める・・・。

そこへ、診察のために呼ばれる娘さん。
ささっと診察に向かう。

しばらくして娘さんは診察から戻ってきて、
以前と同じ姿勢で再び次に呼ばれるまで待つ。

その間、お母さんはずっとウトウト。

お会計のために再び呼ばれる娘さん。
今度は娘さん、お母さんを起こす。

そこで寝ぼけお母さんが、
「診察にいってらっしゃい」

娘さんが「まただよ」という表情で、
「もう終わったよ」

あわててお母さんは読みかけの本をしまい、
お財布を探しつつ、席を立つ。

支払いが終わって、病院を出るまで、
しっかり者の娘さんが
お母さんの前をずんずん先導して歩いて出ていった。

ほほえましい。

――――――――――――――――――――――――

次は、小学校低学年の女の子を連れたお母さんが登場。
どうやら女の子が目をどこかにぶつけたらしい。

お母さんは、受付のお姉さんに向かって、
詳しい症状などを語り始める。
(ここでそんなに詳しく言ってもしょうがないのに・・・)

で、いざ受付をしようという段になって、
女の子がぐずりはじめた。

どうやら女の子は診察が痛いのでは?と思い、
嫌がっている様子。

受付のお姉さんも、
「そんなに痛いことはしないよ」
と優しく声をかける。

それでも駄々をこねる女の子。

しばらくの問答の末、結局、受付をせず、
そのまま帰ってしまった。
(ちょっと、甘やかし過ぎなんじゃなの?
 大きな怪我だったらどうすんのよ!)

――――――――――――――――――――――――

隣では、ずっと同じ姿勢で、
親子がそれぞれ黙々と本を読んでいる。

その姿勢があまりにもよく似ている。
うーむ、親子って凄い。

――――――――――――――――――――――――

そんなことを観察していたら、
退屈な待ち時間が、結構おもしろかった。

人間観察って、面白い。


Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。