--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/12
13
[ #654 ]

深夜特急〈1〉香港・マカオ 沢木耕太郎

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


バックパッカーのバイブルというべき本。
著者の沢木耕太郎が26歳の時に行ったユーラシア大陸の旅を、
帰ってきて10年経ってから本にした。

第1巻は、最もバックパッカーらしく過ごしたであろうインドでの描写で始まり、
さかのぼって最初の訪問地である香港、そしてマカオでの足取りを描く。

香港に渡ってきた時の興奮、
そして、これからどんなことが待ち構えているのだろうか、という期待。
それらがない混ざって、非常に魅力的な旅の様子がうかがえる。

言葉も満足に通じないであろう香港で、
片言の英語を駆使し、現地の様々な人と通じ合っていく。
そんな様子1つ1つから、「イキイキ」感が伝わってくる。

観光名所を巡る訳でもなく、
歴史的な難しい考察をするのでもない。

こういう旅の楽しみ方もいいなぁ。
そう思った。

CM(4)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

おー。
この前読みましたよ~。
香港をどきどきと歩いている沢木さんがいいですよね。
6巻まで読みましたけど、1巻が一番生き生きしてる気がします。
ってまだ1巻しか読んでなかったらこんなこと言ってごめんなさい(笑)。

わたしも久々に大作に取りかかり始めましたよ。
はてさて最後まで読めるかな~。

23時すぎに しろちさ さんから

2009/12/14(月) | URL | #r4sbyV/Y

2009/12/14 - ■■■

こんばんは。
実は、自分ももう6巻分、読み終わりました・・・。
しろちささんのおっしゃる通り、1巻が1番ですね。
沢木さんの興奮が伝わってきて、こっちも夢中になってしまいました。
ちなみに、最後のヨーロッパのあたりも結構好きでした。

さて、しろちささんはどんな大作を読んでいるんですか??
まだ、どこかで教えてください。

23時すぎに クジラ さんから

2009/12/17(木) | URL | #-

2009/12/17 - ■■■

おはようございまーす。
今日明日は研修なので今電車で移動中です。


大作は「指輪物語」です。
今ようやく3巻だけど、いまいち乗り切れず…(-.-;)
ちょっと手こずってます。
もうちょっとがんばってみるか、あきらめるか…悩みどころです(*_*)

09時すぎに しろちさ さんから

2009/12/19(土) | URL | #-

2009/12/19 - ■■■

休日なのに、研修ご苦労様です。
がんばってください。

「指輪物語」って、「ロード・オブ・ザ・リンク」ですよね?
映画でいくつか見ましたが、実は自分もあまり乗り切れず・・・。
どうも、西洋の人の感性、感覚に、自分は合わないようで、
あの手の物語はフィットしないんですよね。

とは言え、乗りかかった船、途中で止めるのもねぇ。
自分は途中で本を読むのを止めるのはどうしても厭なので、
無理してでも読んでしまいます。

さて、しろちささんは、どうされますか・・・?
ちょっと気になるところです。

23時すぎに クジラ さんから

2009/12/19(土) | URL | #-

2009/12/19 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。