--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/12
10
[ #652 ]

カープ島サカナ作戦 椎名誠

カープ島サカナ作戦 (文春文庫)カープ島サカナ作戦 (文春文庫)
(1999/07)
椎名 誠

商品詳細を見る


椎名誠氏が過ごしたある1年をエッセイにした本。
毎年刊行されているらしいが、
この本はたぶん、1990年代半ば。

それにしても、椎名氏はとにかく移動しまくっている。
東京にいると思ったら、北海道へ原稿を書きにこもったり、
かと思ったら沖縄に行ったり、長野へ行ったり。
ハタマタ海外に行ったと思ったら、郡山へ行く。
挙句の果てには小笠原にも行ってしまう。

そして、各地で「うまいもの」と「うまい酒」を飲みながら、
面白いモノを見に行く。

かなりうらやましい。
あこがれの生活。
まさにこんな生活したいなぁ、ということを体現している。

もちろん大変なことも多いとは思うが、
 (原稿の締め切りとは、大変なんだろうな・・・)
日本全国を飛び回りながら、おいしいモノを食べながら、
自由に生きている姿が、たまらなく魅力的。

そんなことを思いながら読み進めているうちに、
小学生の頃、夢中になって椎名誠のエッセイを読んだことを思い出した。

そう、自分の児童書から大人の読む本への切り替わりは、
この椎名氏のエッセイだった。

椎名氏が、自由に各地を飛び回り、うまそうなモノを食べ、
何でも笑い飛ばしつつ、たまにシリアスなことを言う。

そんな姿にあこがれた。

当時は「楽しそうだなぁ」と思っただけだったが、
今となって振り返ってみると、
実は椎名氏のエッセイは、自分の価値観に
大きな影響を与えていたのかもしれない。

サラリーマンになってしまった今、
そんな生活できないよなぁ、とあきらめつつ、
椎名氏も30歳過ぎまでサラリーマンやっていたことを思い出し、
ほのかな希望を胸に抱いてしまっている自分。
困ったモノだ。

CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。