--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/10
13
[ #64 ]

新幹線の社内販売は凄い

昨日から一泊で、大阪出張でした。
先週、京都に車で行きましたが、
今回は出張ということで、新幹線で。

  先週の京都に関する投稿はこちら
  1.車で京都まで
  2.一乗寺下り松でドキドキ
  3.もみじの天婦羅

新幹線では社内販売がやってくる。
「チロ~ン」という音を出しながらやってくる。
この音が凄い。

何が凄いのか。
寝ていてもこの音がすると自然と起きてしまうのだ。

それだけでは別に凄くない。
大きな音を出されれば、大体は起きてしまう。
しかし、この音はさほど大きくない。

この「チロ~ン」が凄いとこは、
さほど大きくない音だけれども、
寝ている人は起きる効果があるのだ。
しかも、不快な音ではない。

この音で起きてしまっても「くそー、うるさいなぁ」とはならない。
「おや、目が覚めてしまったが、何の音かな?」
と穏やかな気分で起きることができるのだ。

おそらく、JRではいろいろと
車内販売の音の研究をしたのではないかと思う。
不快な音だと寝ている人から苦情が出る。
かと行って音を出さないと、寝ている人は買ってくれないので、
売り上げがあがらない。
そんな事情があって、いろいろと研究した結果、
あの凄い音を生まれたのではないかと想像する。

さらに、実は駅の発車ベルの音も、
かなり研究されて今の音になっているらしい。
電車がゴトゴト行きかう中、人や車の雑踏の音もあり、
駅は結構うるさい。
それでも人の耳に飛び込んでくる音、として、
今の発車ベルの音になっているそうだ。

自分たちが普段何気なく過ごしている日常の中にも、
様々な工夫がされているんだなぁと
新幹線の車内販売を見送りつつ思った。

そして我々はそんな何気ない工夫に生かされて、
便利な生活を送ることができているんだろう。
感謝しないと。





Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。