--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/09
27
[ #600 ]

名誉な?日本記録

阪神タイガースの桟原投手が、
115試合連続で負け投手にならなかった、
ということで日本記録を更新したらしい。

そんな日本記録があったんだ、と思う一方、
この記録はちょっと微妙。

普通、どんな大エースでも、よっぽどのことがない限り、
シーズンで「負け投手」になることはある。

抑えのエースだったとしても、
1シーズンに1回くらいはリリーフに失敗する。

ということは、この記録はどんな投手だったら作ることができるか。

まずは、「負け」がつかない場面で投げる機会が多いこと。
「負け」がつかないとは、すなわち、もともと負けている場面のこと。
いわゆる敗戦処理。

次に、2軍に落とされるほどではないこと。

この2つの条件を満たしている、とは、
言い替えると、一応1軍選手だけど、
チームが勝っている場面で投げせさせるほど信頼がない、という状態。

こういう状態が長く続くと、この記録は達成できる可能性が高い。
なんとも微妙。

それにしても、桟原投手の日本記録が近づいていた頃、
真弓監督は、使い方に悩んだのではないだろうか?

記録達成に向け、
「負け」がつかなさそうなタイミングで登板させる、という
配慮をしたのだろうか?

そこまで名誉な記録ではないとは言え、
記録として残れば、それはプロの選手としては、ありがたいこと。

記録更新させてあげたい、と思うのは、
監督の人情として当然思うだろう。

が、プロとしてやっている以上、
桟原投手は、敗戦処理はイヤなはず。
勝っている場面で使ってくれ、と思うだろう。


ともかく、一応、記録は更新された。
虎党としては、桟原投手には負けてほしくないが、
いつまでも敗戦処理をやっていて欲しいとも思わない。

負けを恐れず、どんどんいい場面で投げて欲しい。
(ちょっと上から目線ですが・・・)

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。