--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/09
12
[ #586 ]

今日の芸術 岡本太郎著

今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫)
(1999/03)
岡本 太郎

商品詳細を見る


数年前、手にとった本。
岡本太郎って有名だけど、どんな人だったんだろう?という興味から
手にとってみたのだが、これがこれが。

正直、自分には縁遠い存在だった「ゲイジュツ」の世界は、
実はとても身近で、そして大切な存在だった、ということに
気がつかされた。

そして、さらに重要なのは、
「自由」とはどういうことか、考えさせられた。

そんなこんなで、非常に印象深かったのだが、
その本を再度、読んでみた。

どう、感想を表現していいのか分からないが、
読むととにかく元気に、前向きになる本。

岡本太郎が使う言葉、そして作る文章からは、
エネルギーがあふれていて、
自分の中に眠っている心が起こされる感覚を持つ。

「起こされる感覚」とは、
自分の心に思ったことを、素直に、自由に表現する、ということが、
こんなにも出来ていないんだということに気が付き、
そして、いかに、様々な「余計な考え」が自分をストップさせているか、
ということを認識する。
そして、もっと、自分の心に向き合って、素直に考え、
そして自分を表現していかなければ、
人生、面白くないんだな、と思う。

そんな感じ。

昨今、耳ざわりの良さだけを売りとした、
「もっと自由に」という論調とは一線を画し、
ある種の覚悟を迫ってくるような内容だ。

何度も、何度も読み返したい。

CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

いつもながら!!!

またまた読みたくなりましたっっっ!!

00時すぎに しろちさ さんから

2009/09/14(月) | URL | #r4sbyV/Y

2009/09/14 - ■■■

>しろちささん
こんばんは。
この本はいいですよ、本当に。
人に本を勧めるのは、どうしても躊躇してしまうのですが、
この本に限ってはそんなこと思いません。
先が見えなくて、モヤモヤした時に、手にとってみてださい。
何かが、見えてくるはずです。

22時すぎに クジラ さんから

2009/09/14(月) | URL | #-

2009/09/14 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。