--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/07
05
[ #542 ]

もったいない精神

今日、「BOOK OFF」で、本やCDを売った。
また、併設されている「HOUSE OFF」で、
使わなくなった家電なども売った。

これまで、中古品や古本を「買う」ことはあったが、
自分がこれまで使っていた品々を「売る」のは初めて。

何となく抵抗感があって、これまでは売ったことがなかったのだが、
「BOOK OFF」系列のお店では、
気軽に、そしてスピーディに売ることができるようなので、初挑戦。

いったい、いくらで売れるのか、
ほとんど期待もしていなかったが、
結果、まぁ、予想通り、まさに「二束三文」。

CDのアルバムで50円、文庫本は10円。
その他、リュックは100円など。

購入額と比べると、ほとんど微々たるものだったが、
売った後は、なんだか嬉しかった。

というのも、今回、売りに出したのは、
自宅にあっても絶対に使わないものだが、
道具としての価値はあるので、捨てるのは心苦しい品々。

引っ越しの度に、「もう絶対に使わないので捨てよう」と思いつつ、
最後には「まだ使えるのに」と、何度二の足を踏んだことか。

道具としての機能はまだ生きているのに、
ゴミとして捨てるのは抵抗感がある。

せっかく、道具としてある役割を担って作られたのだったら、
その役割を、寿命が尽きるまで全うして欲しい。
「もったいない」精神が旺盛な自分は、どうしてもそう思ってしまう。

それが、今回お店に売ったことで、
運良ければ、本当に欲しいと思う人の手元に届く可能性があり、
道具としての寿命を全うすることができるかもしれないのだ。

何だか、そう思うだけで、人助けをしたような感覚になるし、
世の中の役に立ったようにも思える。

去年らい、デパートを中心に、
使わなくなった品々の買い取りブームが起きているようだが、
案外、自分と同じように感じる人が多いのだろうか。

いつの間にか、「もったいない精神」が、
最先端の考え方の時代になったのかもしれない。


Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

≪  1173 @藤沢   |   たちばな原酒  ≫
もったいないって言葉、わたしも大好きなんですけど
それが祟って?全然ものが捨てられなくて・・・。
結局それが片付けられないことにつながっていて。
でもこういう整理の仕方はいいですね~。
今はわたしはなるべく買わないようにしてますが(^^;。

あ、そうそう。
クイズのエントリーをありがとうございました。
正解記事書きましたから、見てくださいね☆

23時すぎに しろちさ さんから

2009/07/05(日) | URL | #r4sbyV/Y

2009/07/05 - ■■■

>しろちささん
「もったない精神」の弱点は、ものが増えてしまうことですよね~。
残念ながら、自分は広いおうちにも住めない身分ですし、
買う際は徹底した吟味を行い、無駄のないように気をつけています!

23時すぎに クジラ さんから

2009/07/12(日) | URL | #-

2009/07/12 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。