--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/06
26
[ #530 ]

鳥人計画 東野圭吾著

鳥人計画 (角川文庫)鳥人計画 (角川文庫)
(2003/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾と言えば、相当売れている作家だ。
が、今まで読んだことがなかった。

で、うちの近くのブックオフで「東野圭吾フェア」をやっていたので、
買ってみた。

この小説は、スキーのジャンプ競技を舞台に進む推理小説。

さぁ犯人は・・・?
というストーリーではない。
犯人は、かなり早い段階でわかってしまう。
でも、ストーリーが読めない。

という訳で、グイグイと引き込まれて、
あっという間に読み終わってしまった。

ストーリーも面白かったのだが、
ただ、それよりテーマの方が心に残った。

そのテーマとは、
「スポーツで勝つとはどういうことか」
である。

ネタばらしになるので、詳細は書かないようにするが、
ドーピング、科学的トレーニング、メカを使ったトレーニング・・・。

勝ったら官軍のスポーツの世界で、
何をどこまでやることが許されるのか。
行きすぎた肉体強化は、選手をロボット化してしまわないか。

自分も必死にスポーツしていた人間としては、
実感をもって理解できる葛藤だ。

そういう意味で、この小説の終わり方は、
すっきりさせてくれる終わり方だった。
人は可能性のかたまりなんですね。


CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。