--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/10
03
[ #53 ]

高校野球改革を!

今日はプロ野球の高校生ドラフト。
テレビでドラフト会議のニュースを見ていたら、
以前からの疑問を思い出した。

その疑問とは、
高校野球は公式戦があまりにも少ないのではないか?
ということ。

正確には知らないが、甲子園予選を含め、
年に3回くらいの公式戦があったように記憶している。

それらの公式戦はトーナメント形式だ。
ということは、単純計算で、
8校に1校は年間3試合しか公式戦に出ることができない。
(3回とも初戦敗退の場合)

野球部がある高校は約4000校くらいだったと思うので、
実に500校近くが、公式戦は3試合のみ。

1校あたり15名の野球部員がいるとして、
4500人の高校球児が出場できる公式戦が、
たった3試合。

うーむ・・・。少ない。
4ヶ月に1試合のペースでしか公式戦がない。

公式戦での真剣勝負こそが、面白いだろうし、
真剣勝負から学ぶことも多いだろう。
そして、後々まで記憶にも残る。

当然、練習試合や紅白戦など、
実際には試合はもう少し多いのだとは思う。
が、公式戦と練習試合は、全然違うモノだ。

もっと公式戦が増えたらいいと思う。
例えば、県大会は、4チームづつのブロックに分けて、
総当たり戦にし、勝ち星を争う、などをすれば、
最低でも年間9試合はできる。

試合を重ねるなかで学び、成長していくチームも現れるかもしれない。
タフで、勝負強い選手が増えたり、
実力派選手が、力を出し切れずに終わってしまう
なんていう不幸も減るのではないかと思う。

実現には、試合会場の確保や審判や大会運営者の増員、
授業の合間を縫っての試合実施ということで勉強との両立など、
様々な困難があるのは分かっている。

だからといって、何もしないのでは、何も産まれない。
戦後、今の体制の高校野球になって60年以上が経つ。
高校野球にもそろそろ抜本的な改革が見られてもいいと思う。




Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。