--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/06
02
[ #516 ]

義憤?

この間、家の近くの駅で
聞いたことのない名前の政党の旗を掲げて、
演説していた。

あまり興味がなかったが、こんな言葉が耳に入ってきた。

「世襲政治でいいのですか?
 ほにゃほにゃ党は、世襲政治を行わず・・・」

そういえば、民主党も最近、世襲政治を禁止したらしい。
その影響からか、世襲政治の本丸である自民党も、
議論が出ているとか、いないとか。

確かに、小泉さんから始まり、福田さん、安倍さん、
そして今の麻生さんまで、すべて政治家の血筋。
ちょっとやり過ぎでしょ、とは思うが、
だからと言って、「世襲政治は禁止」はおかしい。

別に世襲政治が良いのだ、と主張したいのではないが、
民主党も自民党も、そして冒頭のほにゃほにゃ党も、
論点がずれているのだ。

そもそも、世襲政治だろうが、何だろうが、
別に何でもいい。

重要なのは、良い政治をしているのか。
多くの人が、いい世の中になっていると感じられているか。
そんな政策を打ち出しているか。
実行しているか。

それ以上でもそれ以下でもない。

仮に良い政治をしていれば、
世襲政治について、誰も云々を議論し始めない。

良い政策を打ち出すことができていない理由を
「世襲」ということも見出していること自体が、なんか変だ。

しかも、禁止する、らしい。
子供じゃあるまいし。

政治家になる程の人物であったら、
いちいち「禁止」なんてしなくても、
本当に必要なこと、求められていることを自分の頭で考えて、
自律しながら行動してほしい。

いつになったら、政治家同士が、政党同士が、
政治・政策そのもので正々堂々とやりあう世の中になるのか。

今、もっとも改革が必要なのは政治の世界なんじゃないのかな。


Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。