--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/06
04
[ #514 ]

SEという仕事―上司の考えること、部下の考えること 三好康之 井門良貴 著

SEという仕事―上司の考えること、部下の考えることSEという仕事―上司の考えること、部下の考えること
(2003/07)
三好 康之井門 良貴

商品詳細を見る


自分の今の仕事、SEである。
社会人になってからはずいぶん時間が経つが、
そのキャリアのうちの半分以上を、
総務部門で過ごしている自分にとって、
SEという技術者としての経験が不足している
そう感じることがちょこちょこある。

という訳で、SEという仕事とはどういうモノか、
改めて俯瞰的に考えてみたいと思い、
手にとってみた本。

内容は、ケーススタディ的にSEの仕事が解説されている。
SEといっても、新人からベテラン、
営業担当から管理職など、立場は千差万別。

その中から、典型的な役割、立場の人物が登場し、
ある出来事、それに対する登場人物の本音、
そしてその状況に対してどう考えるべきか、という解説がつく、
という形式を繰り返すことで最後まで続く。

比較的、実態にあった内容に感じるし、
ストーリーとしても身近に感じられ、スッと頭に入っていった。

ただ、今の自分にとっては、正直、新たな発見は少なかった。

たぶん、これからSEになる大学4年生とか、新入社員とか、
そういう人が読むと、リアルに想像できることも多く、
いいのかもしれない。


CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。