--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/05
26
[ #507 ]

身延山

今年のGWは、大型旅行にはいけず、
近郊の日帰り旅行へ。

そのうちの1つが身延山。

富士川を、河口からさかのぼり、甲府へ出て、
そのあと、勝沼へ。
そんなドライブの途中に訪れた。

たまたまドライブの途中にあったが、
どうやら日蓮宗の総本山らしく、そこそこの観光名所っぽい。

で、軽い気持ちで行ってみた。
身延山
門構えが、きちんとしているというか、威圧的というか、威厳があるというか。
何となく日蓮の人柄を彷彿させる。
(自分の中のイメージの人物像としての日蓮さんですが)

で、この大きな門の中には、こんな石像(オブジェ?)も。
身延山
大きな石の下駄。
たぶん、何らかの意味があるのだと思うが、
素人の自分には、何のことか分からず。

そして、門を抜けると・・・。
身延山
急な階段。
ずっと、上まで続く。

たぶん、階段の傾斜は45度くらい。
一段分の高さと、幅が同じくらいだったので。

汗をかきながら登って、上から見ると。
身延山
高所恐怖症の方は、足がすくむ光景。

ただ、この階段を登り切ると、そこは平坦な開かれた場所。
寺院がいくつも立っていて、
若手のお坊さんが、修行の一環だろうか、一生懸命「説教」していたりする。

そして、ここから先は、ロープウェー。
日蓮が隠棲していた頃、片道2時間かけて通っていた山を、
今はロープウェーで7分で登ってしまうことができる。

身延山

山の上からは、富士川が見え、山々が重なり合い、
日本の古き良き風景って、こんな感じだよな、と思わせる光景。

あいにく、靄が出ていたので視界が悪かったのは残念。

そんな感じで、ちょっとお寺があるのかな、と思っていた身延山。
意外にも、大きなお寺でした。


風景CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

ずいぶんご利益ありそうな門構えですね。。
この石段を登るのは相当な体力が必要な気がしますがどうでしたでしょうか。。

16時すぎに ナタリー さんから

2009/05/27(水) | URL | #-

2009/05/27 - ■■■

>ナタリーさん
こんばんは。
はい、結構体力使いました。
ただ、幸い自分は毎日10階の職場まで階段で上がっているため、
周囲の人よりかは、ダメージは少なかったようです。
思わぬところで、日ごろの鍛錬の成果が出ました・・・。

21時すぎに クジラ さんから

2009/05/27(水) | URL | #-

2009/05/27 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。