--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/12
30
[ #402 ]

己を知り、腕を磨く

今年もあと少し。

今回は、少し唐突だが、
今年の日本シリーズ(西武vs巨人)で、
非常に感動したシーンのこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは第7戦目の8回表。
1-2で巨人リード。
このままいけば巨人が日本一、
という状況。

8回、西武の攻撃で
先頭打者の片岡選手が死球を受けた。
その時、片岡選手は、喜びで手を叩いた。
「よし、自分の見せ場が得られた!」
という感じに。

そして、次のバッターの初球、
巨人バッテリーが非常に警戒する中で
らくらくと二塁へ盗塁。

さらに、次の投球で送りバントで三塁へ。
最後に、ぼてぼての内野ゴロで果敢にホームへ突入し、
あっさりと1点を獲り、同点。

その後、西武へ流れが傾き、
いっきに逆転、日本一へとなる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この片岡選手の走塁が忘れられない。

野球において、「走る」という、一見地味なプレーで、
ここまで試合の流れを変えることが出来るんだ、
ということに、感動を覚えたからだ。

野球の華は豪快なホームランだったり、
目を見張るような剛速球だったり。
でも、誰でもそれが出来る訳ではない。

人は、どうしても、分かりやすく華のあることを、
自分にも求めてしまいがち。
その結果、出来ないことを無理してやろうとしてしまい、
自分の本来の良さを見失ってしまう。

でも、本当に人に感動を与えられるプレーは、
「華」のあるプレーではなく、
自分の持ち味を磨きに磨いた結果のプレー
なのではないか。

片岡選手は、自分の武器になる得意技、
この場合は「走る」ということ、
を自分で知っていて、
その技をシーズン中から意識して磨いていったのだろう。
その結果、大一番で発揮することが
出来たのではないだろうか。

片岡選手の走塁を見て、そんなことをぼんやりと思った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分も、仕事をしていると、
自分に出来ない、何か凄そうなことを
追い求めてしまい、結果として失敗することがある。

でも、そうではない。
自分の今もっているスキルを地道に磨き、磨き続けることで、
人には真似できない、「いい仕事」が出来るようになるのだろう。

己を知り、腕を磨く。
そういう姿になりたい。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

なななななななななな、なんとっ(>_<)!!!
なんて熱い記事なんだ~~~(笑)!!
思わず興奮してしまいましたよー。

そうなんですよねー。
今回一緒に日本シリーズを楽しんだ同僚で巨人ファンのBさんも、
あの片岡のガッツポーズを見た瞬間に

「やばい・・・」

と思ったと言ってました。
ああいうところで、流れが変わるんですよね。

しかも。
片岡は同じような場面で、その日の1回に最高のチャンスを
つぶしているんです。
先制点がほしい場面で、飛び出してアウト。
1番バッターとしてはありうべからざる失敗です。
普通だったらむっちゃくちゃ怒られると思います。
でも、今年のライオンズは怒らないんですよね。
で、結局それが8回のあの場面に生きるわけです。

1回の失敗を引きずらずに、勇気を持って突っ込んだ片岡。
そしてそれを引き出したベンチ。
本当に本当に球史に残るいい場面でした(>_<)!!!

自分にできることをやり続けていくこと。
失敗しても、それを信じてやり続けること。
片岡、ほんとすごいやつです。。うんうん。

ということで、こういう風に野球や本のお話ができる
クジラさんと出会えて幸せです(*^_^*)。
今年もとーーーってもお世話になりました。
来年もまたよろしくお願いしますね。
お絵かき対決もやりましょうね。
イルカさんにもどうぞよろしくお伝えください。

お2人で、よいお年をどうぞ♪

02時すぎに しろちさ さんから

2008/12/31(水) | URL | #r4sbyV/Y

2008/12/31 - ■■■

>しろちささん
長いコメント、ありがとうございます!
1回にそんなことがあったんですね。
自分は途中から観戦したので、知りませんでした。

片岡選手の死球後のリアクション、
確かに「何か」を感じました。

死球を受けた後の選手の反応って、
その時の選手の気持ちを如実にを現しますよね。

 ・投手に怒りをぶつける「激情型」
 ・あくまでも冷静な「平常心型」
 ・逆に相手の投手を気遣う「紳士型」
 ・出塁を喜ぶ「イケイケ型」 ・・・・

片岡選手は「イケイケ型」でした。
さすが、イケイケの西武!って反応で、
ゾクッとしたのを覚えています。

と、思わず長い返事を書いてしまいましたが、
しろちささんの記事は、
いつも楽しく拝見させて頂いております。
(自分よりも、むしろイルカさんの方が熱心なファンなんです!)
また来年もよろしくお願いします。

09時すぎに クジラ さんから

2008/12/31(水) | URL | #-

2008/12/31 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。