--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/07
18
[ #328 ]

人生の鍛錬 新潮社

あの小林秀雄の著書の中から、
キラリと光る一言を、年代別に抜き出したモノである。

小林秀雄といえば、「考えるヒント」が大ヒットした批評家である。
日本の知性を代表する、という類の仰々しい肩書きが
書かれることもある大家だ。

ただ、この人の論は、(自分にとって)非常に難しい。
「考えるヒント」にも以前挑戦したが、ほとんど意味が分からず断念。
少なくとも鼻歌気分では読むことが出来ない内容なのだ。

今回はリベンジの意味もあって、
抜き出しを中心に、分かる範囲で読めそうなこの本に挑戦した。

結果・・・。

理解できたのは、約3割程度だろうか。
読んでも、読んでも、どう解釈していいのか分からない文章が次々に出てくる。

そもそも、日本語の組み合わせとして、
初めてお目見えするような言葉で構成された文章だらけだ。

そうではあるが、単に意味の分からない他の文章と比較すると、
1つ1つの文章、言葉にエネルギーを感じたのも事実。
何か、ゴツゴツした感触が残る文章とでも表現するか・・・。

まだ、小林秀雄を分かるほど、自分の人生鍛錬が足りないに違いない。
またいつか、彼の著書に挑戦してみたい。

ちなみに、ゆっくりゆっくりこの本を読んでいたので、
読破に約9ヶ月くらいかかりました。
長かった・・・。

人生の鍛錬



CM(2)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

9か月!
クジラさん、お疲れさまでした~。

わたしにとっての小林秀雄は、教科書に出てくる人、というイメージです(^_^;。
それにしても9か月かかってでも読破するのがすごいなー。
この本を読むこと自体が「人生の鍛練」って感じですね(笑)。

そして、クジラさんが本のレビューを書かれているのを見るたびに、
あぁぁすごいなぁと思ってしまいます。
わたしもレビューを書きたい本がたくさんあるんですよ。
そのために図書館に返すのを遅らせていたりとかまでするのに、
書けないんだな・・・。
なんなんでしょうかねぇ、これは。
前はあんなに書いていたのになぁ。。

21時すぎに しろちさ さんから

2008/07/18(金) | URL | #r4sbyV/Y

2008/07/18 - ■■■

>しろちささん
9ヶ月の中では、中断期間も随分あったりしました。
通勤カバンにずっと潜んでいたこともありました。
よく粘ったなぁ、と自分でも思います。

本のレビューは、その本が読み終わった週の週末に
記事としてアップするかどうかは別として書くようにしています。
そして、ネタが薄い時や、遅くに帰ってきた時に、アップしています。
自分の場合、内容をよく覚えている「読んだ直後」に書くのが一番時間がかからず、
きちんと書けるので、そのようにしていますよ。

11時すぎに クジラ さんから

2008/07/20(日) | URL | #-

2008/07/20 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。