--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/05
28
[ #290 ]

合い言葉は勇気 三谷幸喜著

三谷幸喜が脚本を書いたドラマ。
その脚本を文庫文化したのが、この本。

三谷幸喜自身が「感動する」ことに主眼を置いて書かれた脚本のようで、
その要素は以下の通りらしい。

 ・ニセモノが本物以上に活躍する
 ・自分とは関係ない人のために命を賭ける
 ・仲間を集めていく
 ・知恵くらべ(法廷の場が望ましい)

これらの要素をふんだんに盛り込んだのが、この本。
感想は、というと・・・。

残念ながら、自分は「劇的に感動する」ということには
至らなかった。

だが、心が暖かくなる、そんな作品だった。
(この点は、三谷幸喜の作品に共通して言えると思います)

ちょっとしたユーモラス、
登場人物は、それぞれが「クセ」を持ち、若干の弱さを持ち、
でも、それぞれは一生懸命。

それが、適度なアクセントになって、物語に惹きこまれていく。

ストーリーとしては、
小さな村に設立された産業処理施設からの公害から村を守るために、
村民、それから弁護士(?)が活躍していく話。

別段、ストーリーに驚かされる訳ではない。
(むしろ、ベタベタな展開で、先が読めてしまう)
でも、思わず、早く読み進めたくなる魅力がある本だった。

合い言葉は勇気




CM(0)TB(1)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :

三谷幸喜
三谷幸喜の最新情報・動画・質問集・グッズなどについてまとめています。

ひつまぶしの種 最新注目キーワードの情報サーチ より

2008年05月31日(土)の 11時すぎにいただきました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。