--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/04
16
[ #252 ]

元スイマーの考察

今朝、いつものように
通勤の電車の中で新聞(日経)を読んでいて、
ちょっとびっくりした。

何故びっくりしたか、というと、
スポーツ面に水泳の日本選手権の記事が
デカデカと載っていたからだ。

大学まで体育会で水泳をしていた自分にとって、
水泳の記事が大きく扱われていることは嬉しい。

それにしても、自分が選手時代は、
日本選手権の記事もちょこっと載っているだけ、
日経新聞なんかは、主な結果が載っているだけだった。

ところが、2001年に福岡で世界選手権が開催される際に、
テレビ朝日が力を入れて宣伝を始めた頃から、
メディアの扱いが大きくなっていった。

さらに、北島康介が金メダルを獲ったり、と
世界で活躍する選手が増えるにつれて、
メディアへの露出度合いが増えていく。

そして、北京オリンピックの選考会である今回の日本選手権では、
日経新聞まで広い紙面で報道するようになった。

なんとも言えなく、感慨深い。

―――――――――――――――――――――――

さて、連日の報道を見ていると、
ついつい結果が気になってしまう。
もちろん、自分が元スイマー、ということもあるが、
それだけではない理由があると思う。

オリンピックに選ばれるための選考基準が
事前に明確に決まっているということが、
日本選手権の結果が気になる要因になっている気がする。

今回の、たった一回限りのレースで、
オリンピックに出れるかどうかが決まる。
その選手のこれまでの実績は関係ない。

もちろん、金メダリストであろうとそれは同じ。
自由形の柴田選手も、400mでは選考から漏れた。

この一回限りの勝負、というのが、
どこか高校野球を想起させる、ギリギリ感があるのだ。

ちょっとかっこいい言い方をすると、
そのギリギリ感があるからこそ、
スポーツとしてのドラマが生まれるのだろう。
そして、そこに人を惹きつける「何か」があるのではないか。

これとは対照的な選考を行うのがマラソン。

マラソンの代表選手は、
何回かのレースの結果を「総合的に判断」して決める。

作為的に代表選手が決められるようで、
どこか興ざめしてしまう感を抱いてしまう。

もちろん、マラソンは水泳とは違う競技で
単純に同じにすればよい、と
片付けられるモノではないだろう。

ただ、もうちょっと事前に明確な基準を決めておいて、
その基準に従って代表選手を選ぶようにしたら、
もっとマラソンが面白い競技になるように感じる。

ギリギリ感の中での勝負、が生まれるからである。



Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

こんにちは~

記録を争う競技ですから、一回の記録で選考が決まるのも、
ある意味当たり前のことかもしれませんね。
そこにベストの自分を持っていくのが、勝負の分かれ道かもしれませんね。

09時すぎに sae さんから

2008/04/17(木) | URL | #f6CisVbY

2008/04/17 - ■■■

こんばんは。
一回の本番にベストな状態を持っていくのが、
勝負の分かれ道なんでしょうね。
勝負強い人は、これが出来る人なんでしょう、きっと。

23時すぎに クジラ さんから

2008/04/17(木) | URL | #-

2008/04/17 - ■■■

柔道の選考大会は、一寸変な感じでした、谷さんが負けたのに、選考されました。過去の実績はありますが、一発勝負で決めるのが、一番納得できます。

18時すぎに 荒野鷹虎 さんから

2008/04/18(金) | URL | #-

2008/04/18 - ■■■

確かに柔道の選考は疑問でしたね。
事前に決めた基準に従って、一発勝負で決めるのが、
やっぱりいいですよね。

23時すぎに クジラ さんから

2008/04/18(金) | URL | #-

2008/04/18 - ■■■

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。