--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/04
15
[ #251 ]

叡山の諸道 街道を行く16 司馬遼太郎著

司馬遼太郎の「街道を行く」シリーズ16弾。

題名から推測ができる通り、
比叡山を司馬遼太郎が訪ねた時の旅行記になっている。

比叡山、といえば、最澄。
歴史の授業で習った「比叡山延暦寺」だ。

また、有名なのが、織田信長の比叡山の焼き討ち。

この2つの歴史的事件を中心に、
それらにまつわる歴史のこぼれ話が、
現在の比叡山の姿と共に出てくる。

面白かった。

――――――――――――――――――――――――――――

それにしても、司馬遼太郎の旅の仕方は、
ともて魅力的だ。

いろいろな事を知っている(もしくは調べている)から、
旅先で出会った、何でもない風景でも、
様々な想像が膨らみ、面白みを感じることが出来る。

単にツアーやガイドブックに書かれているから訪れる、
という旅では感じることが出来ない、
奥の深い旅になっている。

自分で知っていることや知りたいことを探すために、
考え、判断して訪ねていっている司馬遼太郎の旅の仕方こそが、
自分の血となり、肉となる旅のような気がする。

自分の中でそのスタイルは、1つの理想であり、憧れだ。
いつか、あんな旅が出来るようになりたい。

叡山の諸道




CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。