--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/04
02
[ #240 ]

藪投手の登板で考える

アメリカにいる藪投手が、
久しぶりに大リーグのマウンドで投げたみたいだ。

藪投手と言えば、元弱小阪神タイガースのエース。

祖父から続いて3代目の虎党としては、
何となく感慨深い。

この藪投手の名前を聞くと、10年くらい前の、
どうしようもなく弱かった阪神を思い出してしまう。

自分の中では、あの頃の、
何となく覇気のないタイガースの代表的な選手が、
藪投手だった。

アメリカに渡ったときも、
野茂投手や佐々木投手のようには活躍できないのでは、と
半ば出来の悪い息子を送り出すような気持ちで見守っていたら、
案の定(と言っては失礼か!)消えてしまった。

それから数年、
同じ年で大リーグを目指している投手として、
桑田投手、野茂投手、と並んで新聞で名前を見つけたら、
実績充分な彼らを差し置いて、大リーグに見事カムバック。

ライバルの怪我や、根本的な投手不足、という
環境の要因があったにせよ、
あの歳で、マイナーから大リーグに上がってきた、というのは、
素直に良かったと思う。

藪投手の大リーグでの登板ということを聞いて、
もうどうせ当たらないと思い込んでいたビンゴゲームで
ブービー賞が当たったような気分になった。

ちょっと嬉しい。

  そういえば、次のタイガースのエースと言われた井川投手も、
  渡米した後の藪投手と、おんなじ道を歩んでいるように感じるのは、
  気のせいだろうか・・・。

(今日:2,700m 今月:2,700m 今年:70,900m)
↑泳いだ距離を記録しています。右側の「swim note」もご参照あれ。



Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。