--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2008/01
12
[ #158 ]

人は泳いでいる時、何を考えているのだろうか?

この年末・年始はたっぷりと栄養をとり、
体重の最高記録を更新してしまった・・・。
やばいです。

という訳で、今日は今年初めて泳ぎました。
「初泳ぎ」ってやつです。

それにしても、人は泳いでいる間、
何を考えているのだろうか?

小さい頃から水泳を続けていて、
特に高校・大学では水泳漬けの生活。
平均すると1日2時間、
休みの時期になると4,5時間は水中にいた。

水泳は、球技と比較してゲーム性は低く、
また、走るのよりも風景は変わらない。
2時間なら2時間、孤独にプールの底を見ながら
あまり話すことも出来ずにひたすら運動する。

改めて考えたら、結構退屈なんじゃないか。
うーむ。

そんな訳で、これまでの水泳人生を振り返ってみた。
で、整理してみると、
自分は泳ぎながら、だいたい以下のようなことを考えている。

<パターン1>
 ひたすら、距離、タイムを計算している。
  →集中して練習している時はだいたいこれ。

<パターン2>
 同じことばかりに頭が支配されている。
  →一番多いのが「音楽」。
   思いついた曲が壊れたレコードみたいにずっと繰り返している。
   ちなみに、今日の自分は「青山テルマ」のサビがひたすら・・・。

<パターン3>
 くだらないことを考えている。
  →幼い頃には、
    「プールの水が全部、ゼリーだったら?」
    「プールにラーメンが入ってて、そこで練習したら?」
   などなど、よく空想していた気がする。
   今日は、「人は泳ぎながら何を考えているのか?」ということを
   必死に考えていた。

以上である。

「だから何だ?」という気がするが、
とにかく整理すると、こんな結果になった。

まぁ、結論としては、大したことは考えてない、ということが分かった。
だから、考えることが苦手になってしまったのだろうか・・・?



 (今日:3000m 今月:3000m 今年:3000m)
↑がんばって泳ぐために泳いだ距離を記録してみることにしました。




Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。