--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/12
08
[ #122 ]

今の薄型TVの値段って、ホントに安いの??

今日、新聞に薄型TVが安くなっている、という記事が出ていた。
記事によると1インチ当たり2000円~3000円とのこと。

ちょっと前までは
「1インチ10000円以下」
というラインが大量販売の目安(=消費者にとっては購入の目安)
と言われていたはず。

そう考えると随分安くなったなぁと思った。
そんなことを考えながら、
自分が10年以上前にTVを買ったことを思い出した。

自分が前に買ったのは、21インチのテレビデオで3万円くらい。
事情によって自分の手を離れたが、今もバリバリの現役。
(ブラウン管式のでっかいヤツですけどね)

同じ大きさの薄型TVを今、買うと・・・?

1インチあたり2000円~3000円ということは、
平均をとって2500円として

 2500円×21インチ=52500円。

そこで、おや??と思ってしまった。
なぜなら、自分が買ったTVより20000円くらい、高い!!
(しかも、ビデオは付いていないし)
何で「随分と安い」と感じたんだ・・・?

よくよく考えてみると、「随分と安い」と感じたのは、
1インチ2000円~3000円という値段と比較したのが、
1インチ10000円が購入の目安と
「言われていた」値段だからだ。

実は、この「言われていた」というのがミソ。
どういうことかと言うと、
「言われていた」というが、そもそも、
「1インチ10000円が目安」と言っていたのは誰か、
ということだ。

そう言っていたのは、新聞やTV局などのマスコミ。
では、なぜマスコミは「1インチ10000円が目安」と言ったのか?
マスコミ関係者は、消費者がいくらなら薄型TVを買うか、
を知っているのか?

答えは、当然「否」だ。

では、その数値はどこから持ってきたのか?
考えられるのはただ1つ。
薄型TVを製造している電器メーカーだ。

電器メーカーが独自で行った市場調査などをもとに、
独断と偏見で「これくらい!」と決めた数字を、
広報部などがマスコミに発表し、それを報道しているはずだ。

ということは、実は売る側が、
「だいたいこれくらいで買ってね」
という数字が「1インチ10000円」ということになる。

それが、マスコミの報道を通じて、いつの間にか
標準的な価格、として認知されてしまっているのだ。

そして、買う側はそれを基準として、
「安い」とか「高い」とかを判断していることになる。

それがいいのか、悪いのか、よく分からない。
ただ、世間で「言われている」数字が正しいとは、
盲目的に思い込まない方がいいのは確かだろう。

自分の頭で考え、いろいろな尺度を持って考えないと
結局は納得した買い物が出来ないと思う。

新聞の記事を読みながら、そんなことを考えた。




Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。