--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
29
[ #770 ]

苗場

中学から大学まで、たまたま同じ駅を使っていた自分。
その駅のそばにあった中華料理屋。

苗場。

よく通っていたので、顔なじみになったからか、
創業28周年、というやや中途半端な記念のタオルを貰った。

それが、今、手元にある。

苗場

よれよれ。

ここの思い出はチャーハン大盛り。
学生が多かったこともあるのか、チャーハン大盛りは
ボリューム満点で安かった。

注文したあと、厨房から聞こえてくるリズミカルな中華鍋をあおる音。
なぜか耳に残っている。

そして、10代の自分の胃袋を満たしてくれたボリューム。
おいしかった。

おそらく、今頃は創業40周年くらい。
まだあれば。

どうだろう、まだあるのだろうか?
また、行きたい。


スポンサーサイト

ごはんCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
28
[ #769 ]

秋の雲と夏の光

花水

雲の向こうから光を放つ太陽。
秋らしい雲とまだ夏の力が残っている太陽。

海辺は空が広い。
そして、きれい。

――――――――――――――――――――――――――――

先週一週間は、夏休みをとってお休み。
一週間、たっぷりダラダラ過ごしていたら、
体が仕事モードについていけず、今週はもうバテ気味。

うん、頑張ろう。

風景CM(15)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
27
[ #768 ]

海辺で遊ぶ

花水

海辺で遊ぶ子供。

迫る波から逃げる。
全速力で逃げる。

1人だけど楽しそう。

やっぱり子供は外で遊ぶ姿が似合う。

まだ暑かった1週間前の花水海岸にて。

風景CM(18)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
26
[ #767 ]

巨木

暑い暑いと思っていたら、
いつの間にか太陽の角度は低くなり、太陽の光が眩しくなってきた。
それに伴い、影の長さは長くなる。

中之島公園

中之島公園。
キレイな芝生と巨木。

巨木の見事な枝ぶりから、大阪の歴史を感じる。

どっしりとした幹。
青々と茂る葉。

新興住宅街にある、ひ弱な木々には感じられない貫禄。
こういうのはいい。

大阪ビジネス街の真ん中に、
こんな気持ちがいい公園があるとは知らなかった。

さぁ、明日から一週間、また頑張ろう。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
21
[ #766 ]

難波宮跡地

大阪市内の地図を開き、大阪城近辺を見ると、
大阪城のすぐ近くに広い公園のような場所が目に入る。

「難波宮の跡地」と書いてある。

そう言えば、日本史の授業を思い出してみると、
奈良時代くらいに一時的に大阪に都が移ってきたことが
あったような気がする。

どうも、その跡地らしい。

難波宮跡1

で、行ってみると、阪神高速の高架脇に、
入口に立派な案内がたっている。

1000年の都は、今、どんな姿なんだろう?

と期待して入ってみると。

難波宮跡2

ただの広場。

難波宮跡3

ただし、中途半端に建造物がある。
当時の建造物が残っているはずもなく、
戦後に意図的に造られたと推測される内裏の跡地。

近くに寄ってみたが、単なる石でできた土台。
一体、何のために存在しているのか、よく分からない。

広い公園になっているなら、それはそれでいいと思うのだが、
足元は芝生になっている訳でもなく、土のグランドでもない。

中途半端にコンクリートで固められていたり、
ゴムでできた格子状の何かが埋め込まれていたりする。

遊ぶにしては、足元が悪くて思いっきり体を動かせない。
だからか、大阪市内の一等地にも関わらず、ほとんど誰もいない。

一体、この広大な難波宮跡地は何のためにあるのだろうか?

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
19
[ #765 ]

高津宮

難波から少し東に行き、
そのまま北上して見ると、こんな神社があった。

高津宮3

「たかつのみや」と読むのかと思っていたら
「こうづぐう」と読むらしい。

仁徳天皇をうんぬんかんぬん、とどうも由緒正しそうな場所なのだが、
Wikipediaを読んでもよく理解できず。

境内には「五代目桂文枝之碑」などもあり、
どうも落語にも関係しているようだが、詳しいことは不明。

高津宮1

境内の入口にある、手を清める場所。
(何と言うのか知らない。教養がない・・・。)

高津宮2

境内から見た空。
まだまだ暑いと思っていたが、空はすっかり高くなり、
秋らしくなっていた。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
18
[ #764 ]

天保山

日本で一番高い山は富士山。
では、一番低い山は?

標高4.5メートル。
天保山。
大阪港にある。

天保山1

これが頂上。
公園内に山頂があるが、
同じ敷地に山頂よりも高い場所がたくさんある。

なぜ、ここが山頂なのかは釈然としないが、
「日本一低い山は大阪にある」
という事実は大阪っぽい。

日本一低い、ということで、微妙な観光地になっているようで、
ひっきりなしに家族連れなどが来て、記念撮影をしている。

一人のこちらは、何となく遠慮してしまって、
「山頂」に人がいなくなるまでしばし待機。

天保山と言えば、有名な水族館「海遊館」がある。
その裏は海。

天保山2

ちょうど夕日が海に沈む様子を見ることができる。
海の向こうに、立派なクレーンが見えるところが大阪湾らしい。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
15
[ #763 ]

三つ巴の行方

今日も我が阪神が負けた。
あまり表には出さないが、ひそかに応援している阪神。

9月の頭には優勝も秒読みか??と思っていたが、
気が付いたら3位転落。

・安定感のある先発ピッチャーがいない
・頼みのリリーフはお疲れ気味
・例年9月は弱い
・打線の好不調の波が激しい
・首位の中日にめっぽう弱い

などなどから、正直、今日の負けで自分の中ではもう降参。

阪神の宿敵と言えば巨人で、
阪神が優勝できないと思うと、せめて巨人には優勝して欲しくない、
と思ってしまうのが正直な気持ちだが、今年はちょっと違う。

中日に優勝して欲しくない。

理由を考えてみると、どうやら自分は中日の落合監督が好きでないらしい。
どうしてもエゴイストに見えてしまう。

ニュースなどを見ていても、中日に関する報道は少なく、
「外から見える無難なこと」しか伝えられてきていないような気がする。

以前はそうではなかった。

落合監督がマスコミを敬遠(毛嫌い)していて、
何も語らないからではないだろうか??

自分達のチームだけで閉じた世界を作って、
「勝っているのだから文句ないでしょ?」
と言っているように感じられる。

でも、それって何か違うんじゃないの?
と自分の中の何かが呟いている。

そんな勝手なチームが優勝するのって、
そういう姿勢を肯定してしまうことに繋がり、
世の中のためにならない気がする。
(ちょっと大げさですが・・・)

明確な根拠があって言っているのではない。

ただ、これまでの落合監督のインタビューやマスコミへの受け答えと、
今の落合監督の表情などを総合してそう感じられてしまう、ということ。

まぁ、単なる偏見なのかもしれない。
が、そもそも阪神が好き、というのも何か明確な根拠があってのことではなく、
イメージからくる単なる偏見。

所詮、偏見でしか、応援する・しない、を決められないのだから、
この場合は、偏見で嫌いになっても構わないと思う。

あぁ、ということは、やっぱり阪神に頑張って貰うしかない。
だって、やっぱり巨人にも優勝して欲しくないもの。

もどかしいなぁ。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
14
[ #762 ]

堀越神社

どこかのHPで、大阪市内のパワースポットと紹介されていた堀越神社。
パワースポットとは何なのか、いまいち分からないが、
まぁ、とにかく昔っから神聖な場所なんだろう。

堀越神社2

大阪市内のビュンビュン車が走り抜ける大通りに面して、
あまり広くは残っていない境内には、
こんもりとした木々が生い茂っていた。

確かに、大都会にいるとは思えない静けさ。
木々に守られているような感覚に陥る。

堀越神社1

神社仏閣には全然詳しくないので、
何を意味するのか分からなかったが、
メインの建物の横に、ミニ伏見稲荷のような鳥居の連続があった。

この連続鳥居は、鮮やかな朱色と、
その不自然な連続性から、妙に気になる存在。

いつか、本物の伏見稲荷を見に行ってみたい。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/09
12
[ #761 ]

安居神社


ここのところ、仕事が忙しく、平日は深夜に帰宅、土日もない状態だった。
という感じで久々の更新。

大阪史跡巡りの続き。
今回は安居神社。

安居神社2

大阪版清水寺の隣にあった神社で、
フラッと立ち寄ってみると、
あの真田幸村が大坂の陣で自害した場所らしい。

安居神社1

写真の右下に見えるのが、幸村像。
なんや安っぽい。

ともかく銅像を作ってしまえ的な名所の在り方に疑問を抱きつつ、
代替案は思いつかず。
で、残念だがやりきれない思いが胸に湧き上がってくる。

境内は、最近の武将ブームで人がチラホラいるのかと思ったら、
ガラーンとしていて静か。

大坂の陣の戦塵の中で、
幸村は慌ただしく最期の時を過ごしたであろうことを想像すると、
静けさが心に響く。

幸村は何を思って最期の時を過ごしたのだろうか・・・?

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。