--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
31
[ #760 ]

清水寺

清水寺。
京都にある有名なお寺。

実は、我が?大阪にも清水寺がある。

清水寺3

ここには、大阪市内唯一の「自然の滝」がある。
近くに、大坂夏の陣・冬の陣で激戦区になった茶臼山があるので、
その傾斜か何かで、地下水が地上に出てきているのかもしれない。

清水寺1

これが滝。
「自然の滝」とは言うが、あんまり自然な感じはしない。

そう言えば、本場?の京都の清水寺にも、
同じような形の滝があったような気がする。

清水寺2

多分、キレイな水が出てくる場所を祀ったのが、
「清水寺」と呼ばれることになったのだろう。

ということは、全国にまだまだ清水寺があるのかもしれない。

スポンサーサイト

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
29
[ #759 ]

昭和山

今日は山に登った。
昭和山。

千島公園1

標高33メートル。
大阪市内の千島公園内にあり、
大阪の地下鉄を作る時に出てきた土で作ったらしい。

千島公園2

山頂からの眺め。
平坦な街である大阪は、わずか33メートルの高さでも、
結構見通しは良い。

千島公園3

足元には猫じゃらし。
暑い日々が続くが、段々と秋が近付いているようだ。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
22
[ #758 ]

四天王寺

せっかく大阪にいるので、大阪の史跡めぐり。
ここは四天王寺。
聖徳太子が建立した日本で初めての大規模なお寺。

四天王寺2

小学生の頃に読んだ、マンガ日本の歴史に、
この五重塔がドーンと描かれていたのをかすかに覚えている。

しばし、飛鳥時代の貴族になった気分。

四天王寺1

正面の門にあったモノ。
輪廻転生を表すとか何とかで、手でクルクル回すことができる。
右に回しながら合掌せよ、とか何とか書いてあった。

四天王寺3

五重塔の回りにある回廊にあった灯篭。
連続して同じモノが並んでいると、人間の意志を感じる。

回廊そのものは、どことなく那覇の首里城を感じさせる造りだったが、
気のせいかもしれない。

四天王寺4

境内にあった池。
死んだようにたくさんのカメが浮いていた。
(全部、生きています)

大阪のお祭りで売られているミドリガメの最終的な行き場は、
四天王寺の境内なのかもしれない。

何となく異様な雰囲気を感じてしまった。
カメに罪はないと思うが。

意外に広い四天王寺の境内に、お寺としての「格」を感じた。
聖徳太子は凄い人だったようだ。


風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
21
[ #757 ]

久しぶりの砂浜

サーフィン姿

久しぶりに地元に帰って撮った一枚。

大阪にも海はあるが、砂浜は遠くまでいかないとない。
やっぱりコンプリートで固められた海より砂浜がいい。

この日は、風が吹いていたが波はまとまっておらず。
暑かったので、サーフィンに来ている人も多かったが、
下手っぴな自分は見ているだけ。

向こうに見えるのは、烏帽子岩
肉眼では、もう少し大きく感じたのに、
写真にすると案外小さく写ってしまいますね。

不思議です。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
18
[ #756 ]

星型の始まり

夕日

5月に行ったギリシャのサントリーニ島。
夕日がきれいな場所だった。

目で見るとあまり分からないが、
夕日を写真に写すと、太陽から星型の光が出ている感じになる。

普段はあまり自覚していないが、
実は人間の目には、星は星型(=☆)として写っているのかもしれない。
で、それを、目の感度がいい誰かが絵に表したのが、
星型の始まりなのか・・・?

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
11
[ #755 ]

散歩中に見つけた

お散歩

この間、散歩していて、
ちょっと休憩と座った海沿いの道に落ちていた鉛筆。

何が因果で、こんなところに、
こんな小さな鉛筆が落ちているのだろう??


お散歩

こちらも散歩中に発見。

ビルから大仏様が顔をのぞかせている。
神々しくも、優しい顔つきで。

誰が、どうしてこんなモノを作ろうとしたのか・・・。
大阪は奥が深い。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
08
[ #754 ]

大阪の空

今日は肉厚な雲がたくさん空に漂っていた。
時たま雲の切れ目から差し込む夏の太陽が強烈。

そら

空の色も、雲の形も、太陽の光も、全てくっきり。

そらそら

そう言えば、大阪に来てから、
一生懸命空を探して写真を撮っている気がする。

大阪の都会は、
ビルや高速道路に空を覆われ、
息苦しいのかもしれない。


風景CM(23)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
07
[ #753 ]

一艘の舟

サントリーニ

夕闇が迫るエーゲ海。

島影から漕ぎだす一艘の舟。
遠いためか、音は何も聞こえない。

湖のような海の上に、
キレイな波跡を残している。

絵画のような光景の海と空と島。
その中で動く舟。

人間も自然の中で生きている。
そんなことを思った。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
04
[ #752 ]

本領発揮の時間帯

ちょっと不気味なサントリーニ島の空。

滞在していた日はほとんど快晴だったが、
この日は珍しく雲が出ていた。

不気味な空

淡い赤色が雲を染め始めている。
これからがサントリーニ島の本領発揮。

夕日の時間。

下手なテレビを見るよりも
ゆっくりと夕日を眺めている方がいい。

自然は偉大だ。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2010/08
01
[ #751 ]

マンション最上階からの夕日

穏やかに過ぎ去っていく今日という日。

夕日

暑く、厳しかった日中の日差しも、夕日になると優しくなる。

住んでいるワンルームマンションの最上階から撮った夕日。

 ~~~~~~~~~~~~~~

自分の住んでいるマンションの最上階には、
意外と行ったことがない。

用がないのに、別のフロアーをウロウロしていると、
不審な目で見られてしまうような気がして、
何となく行きにくい。

が、夕日を見たくて、意を決して行ってみた。
誰にも会わなかった。
良かった・・・。

風景CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。