--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
30
[ #12 ]

ラーメン屋について考える

昨日の夕刊に音を聞くということについて、
こんな記事が掲載されいてた。

曰く、ネズミでもいろいろな音を聞いていると、
細かい音階の違いも聞き分けられるようになる、
しかし、同じ音ばかりを聞いていると、
たとえその聞きなれている音でも
聞き分けることが出来ない、ということ。

似たようなことが思い当たった。ラーメンだ。
最近のラーメン屋は、どこもそこそこおいしい。
味も大きく2系統くらいはあるが、何となく似通っている。

結果かどうかしらないが、最近は
どのお店に入っても、まぁまぁとしか感じられなく、
果たしておいしかったのかどうか、
釈然としない印象しか残らないことが多い。

おいしいお店が増えることは嬉しいが、
本当に幸せなことかは、考え物だ。




スポンサーサイト

ごはんCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
29
[ #11 ]

今日のお菓子

今日のおやつは、この間北海道旅行のお土産に買ってきた
六花亭の「雪やこんこ」というお菓子でした。

「雪やこんこ」は、ココア味のクッキーに
ホワイトチョコのようなクリームがはさまれているお菓子。
隠し味にオレンジリキュールが入っていて、
後味はさわやかな感じです。

チョコとオレンジの組み合わせが好きな私にとって、
お気に入りのお菓子になりました。

今度北海道にいったら、また買いたいです。

ちなみに、噂に聞く「じゃがぽっくる」を買いたかったのですが、
どこも売り切れで購入できず。
残念!!




ごはんCM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
28
[ #10 ]

通勤事情

職場までの通勤時間は1時間30分以上。
通常は、電車で座れる確率は30%くらい。

立って通勤することが多いのだが、
8月に入ってからは毎日椅子に座ることが出来る。
夏休み期間だからだろう。

そろそろ9月になるのでまた電車が混む時期になる。
仕方がないけど、ちょっといやだなぁ。
まぁ、がんばりましょう。





Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
26
[ #9 ]

サウナで地球温暖化問題を考える

中軽井沢から国道146号線を北へ車で5分。
坂の途中の右手に見えてくるのが「星野温泉」だ。

現地を訪れるまで存在もしらなかった温泉だが、
温泉そのもの、更衣室、従業員の方の態度など、
どれも一流を感じさせるいい温泉だった。

その温泉のサウナ。
サウナの温度は約90℃。
サウナに慣れていないためか、
5分もすると汗がドボドボ出てきて、
耐えられなくなってしまった。

そんな汗だくの中で、
このまま地球温暖化がさらに進行し、100年後の夏には
東京の最高気温がこのサウナみたいに90℃
って事になったらどうしよう、なんて考えてしまった。

おそらく熱中症防止のために外出禁止令が出るだろうな、
もしかしたら、1週間とか外出禁止になるかもな。
そしたらお腹が空くだろうから、
保存の利く食品を買い溜めることになるんだろうな。
もし食料が切れたらやばいな・・・。
家を出ることが出来ないから、読書でもして過ごすのかな。
それはそれで楽しそうだな・・・・。

以上が考えた想像。
まぁ、そこまで地球温暖化が進めば、
もっと他の問題がおきて大変なのかもしれないですけどね。

そんな想像をして一人の時間を楽しんでいます。


↓星野温泉の正面
星野温泉








Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
25
[ #8 ]

旅から帰ってまず行うこと

旅行から帰ってきた。
草津/軽井沢への2泊3日の温泉旅行。

帰ってきてまず最初に行ったのは、植物への水やり。
出かけのタイミングで水をたっぷりあげていったが、
この暑さで鉢の土はカラカラになっていたのだ。

植物の葉っぱも元気なくシワシワに。
まだ緑だから枯れてしまっている訳ではないのだろう。
水をあげて、回復を待つ。

1週間の旅行とかにいっていたら、
すっかり枯れてしまっていただろう。
夏場の旅行に備えて、
水が涸れない工夫を考えなければ・・・。



Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
22
[ #7 ]

気候の話

暑い、暑い。
ここ2週間くらいはずっと暑い日が続いている。

さすがに8月後半に入り、日の光が弱くなってきたのもあり、
40℃を超えることはなくなったようだが、
それでも日中はうだるような暑さ。

こう暑いと、会う人、会う人と、
挨拶代わりについつい「暑いですねぇ」と
一言会話を交わしてしまう。

しかし、これが案外、普段あまり話さない人との
会話のきっかけとなっているのではないか、
そんなことをふと思った。
(他の人はどうなんだろう??)

初対面の人との会話がうまくいくコツは、
お互いに共感できる内容を話すこと、
とある営業のノウハウ本に書かれていた。

その典型的な例が天気の話だそうだ。
そう考えると、この暑さも悪いものではない。
いろいろな人と話すきっかけとなるのだから。




Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
22
[ #6 ]

覚えていますか?延長15回の激闘を!

夏の甲子園もいよいよ明日の決勝戦を残すのみ。

去年は甲子園決勝戦を外野スタンドから見た。
延長15回の引き分けとなったあの試合。
ハンカチ王子とマー君との勝負として、
歴史に残る名勝負を直接観戦することが出来た。

あまり言われることはないが、
8回裏、早実の攻撃、先頭バッターの特大ファールが、
試合の大きなキーポイントだったように感じる。

その直前の8回の表、
駒大苫小牧2番バッターがのちのハンカチ王子からホームランを打ち、
1点の勝ち越しに成功。

その回までのマー君は、
(記憶では)2回からノーヒットピッチングを続けていた。
1点あれば力で押し切れそうな勢い。
その状況での1点の勝ち越し。
「試合は駒大苫小牧に決まったか」そんな雰囲気がスタンドにも漂った。

そんな中、8回裏の先頭打者、早実も2番バッター。
マー君の球の勢いはあいかわらずで、打球がなかなか前に飛ばない。
ところが、その何球目か。
その2番バッターはレフトポール際に特大のファールを打つ。

この瞬間に球場全体が、
「もしかしたら、打てるかもしれない」
そんな雰囲気に変わった。まさに流れが変わったように感じられた。

その後、その2番バッターは倒れたものの、
早実は同点とし、その後は両者とも一歩も譲らずの引き分けに。

あの特大ファールがなければ、駒大苫小牧の3連覇達成。
マー君は今以上のヒーローになっていたのかもしれない。

それにしても、早実の2番バッターはいったい、誰だったのだろうか・・・?
思い出せない。

↓クリックして、この日のお天気をチェック!




甲子園の外野スタンドから

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
21
[ #5 ]

6年振りの復帰戦!

昨日、水泳の試合に出た。
水泳のレースは約6年ぶり。

普段から泳いでいればいいのだが、
水泳の現役を引退してからというもの、
ほとんど運動はせずに不摂生していたから、
昨日はもう大変。

レースの後半はバテバテで、
いつまで経ってもゴールが近づかないし、
周りのコースの人にはどんどん抜かれるしで、
自分でも笑ってしまうくらいの衰えぶり。

しかも、レース直前の召集所でゴーグルのゴムが切れたり、
途中でタオルをなくしたり、と
散々な感じだった。

ちなみに、今日は朝から体全体が重くて、
なんだか節々がガチガチ。
仕事へ行くのも一苦労でした。

もうちょっと普段から運動しておかなければ・・・。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
17
[ #4 ]

モンステラはモンスター

20070817215316.jpg


我が家のお気に入り植物、モンステラ。
アレンジメントにいれると一気に南国リゾート気分だし、
鉢植え姿も絵になります。

ラテン語で「怪物」「異常」という由来だそうで、
切り込みや穴のあいた葉がそう思わせたのでしょうか?
確かに、学名でMonsteraとMonster似てますね

I

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
17
[ #3 ]

暑い!

ここ1週間以上、ずっと暑い。
昨日は40℃を越えた場所もあるらしい。

くだらない疑問だが、
40℃の中で体温を計ったら、どうなるんだろう?
熱があることになるのだろうか?

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
15
[ #2 ]

クイズミリオネアの「50:50」は「75:25」だった?

今日、通勤途中に「行動経済学」という本を読んでいたら、
こんな問題が出ていました。

「A,B,Cの3つの箱があり、その中の1つだけに
 当たりが入っています。
 あなたは、3つの中からAを選んだとします。
 Aの中を見る前に、当たりの箱を知っている人が、
 Cの箱には当たりが入っていないと、箱を開けてしまいました。
 もちろん、Cには当たりは入っていません。
 さて、あなたはどうしますか?
 Aを選んだままにしますか?Bに変えますか?」

 ―――――――――――――――――

「当たりはAかBのどちらか。
 確率は1/2なので、そのままのAにしよう」

そう考える人が多いのでないでしょうか?

 ―――――――――――――――――

さて、どうすることが良かったのでしょうか?
実は、
「Bに選び直す方が当たりが出る確率が高くなる」
というのが、この問題の答えでした。

AとB,Cのグループに分けると、
B,Cのグループに当たりが入っている確率は2/3。
Cには当たりが入っていないことが分かったために、
Bに当たりが入っている確率は2/3。
そのため、Bを選び直すと当たりが出る確率は2/3になり、
選び直した方が良い、という解説でした。

だまされたような、納得したような。
でも、どうもこれが正しいようです。

 ―――――――――――――――――

さて、この問題を読んだ際に、
「クイズミリオネア」の「50:50」を思い出しました。

「クイズミリオネア」とは、4択問題を回答者が解いていく、
というクイズ番組。

「50:50」とは正解か分からなかった際のお助けオプションで、
4択のうちの不正解の2つを消してくれる、というもの。

冒頭の問題を応用して考えると、
正しそうな1つを選んでおいて、「50:50」を使うと、
(選んでおいた1つが残ったという前提で)
選択肢を変えることで、正解の確率は「75%」。

 <解説>
  選択肢をA,B,C,Dとして、Aを選んでおいたとします。
  B,C,DのうちC,Dが消されると、残ったBは
  3/4の確率で正解になる、という計算です。

ミリオネアの「50:50」は、実は「75:25」だった??

 ―――――――――――――――――

※冒頭の本
 「行動経済学 光文社新書 友野典男」

CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2007/08
13
[ #1 ]

はじめまして

こんばんは、今日からスタートです。
よろしくお願いします。
美ら海

未分類CM(1)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。