--/--
--
[ # ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/11
17
[ #638 ]

鹿の湯 @那須湯本

shikanoyu

【鹿の湯】

那須高原の奥、那須湯本温泉。
そこに古くから続く温泉「鹿の湯」。

この温泉は、戦後にニョキニョキ出てきたような温泉ではない。
むかーしから続く由緒正しい温泉。
近くには温泉神社まである。

浴室は「お湯」を楽しむために作られている。

湯船は8つ。
一番低い温度の41℃から48℃まで、少しづつ温度が違う。

そしてお湯の入り方。
まず、お湯につかる前、何百回か頭からかぶり湯を行う。
そして、足をお湯に入れて1分。
半身を入れて1分。
最後に方まで入って1分。
これを繰り返す。

たしか、こんな感じ。
壁にお湯の入り方、という感じの注意書きが書かれており、
「鹿の湯」ベテラン風の人々が、「うーむ・・・」とか唸りながら、
黙々と「入り方」に従ってお湯に入っている。

決して浮ついた感じがしない。
入浴者はお湯と真剣勝負している。
たぶん、湯治とはこんな感じのことを言うのだろう。

この温泉に入ると、何だか温泉レベルがいっきに上がったような気がする。
由緒正しい温泉を知ることができた温泉である。

shikanoyu

これ、温泉のチケット。
チケットにまで「由緒正しさ」を感じてしまうのは、
単なる思い込み?



スポンサーサイト

お風呂CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/11
13
[ #634 ]

那須山 @那須

nasuzan

【那須山】

高速の那須インターを降りてしばらく。
右手に現れるのが、この温泉。

古い民家の木材を使って、土の壁を塗って建てられたようで、
古き良き日本屋敷の雰囲気が満点。

浴室の天井も大きく太い「梁」があり、
昔の大きなおうちはこんな感じだったんだろうか、と想像してしまう。

ちょうど、修善寺の「筥湯」がこんな感じだったように思うが、
そこと比較して、かなり大きい。

こうした「建物」も特徴的だが、
自分がこの温泉で好きなのは、露天風呂。

露天風呂の前には、広々としたお庭が広がっていて、
かなり開放的なのだ。

普通、露天風呂だと、周囲から中が覗けないように、
囲いがしてあったり、空だけが見えるようになっていたりと、
意外と眺望が悪いところが多い。
しかし、ここは浴槽のすぐそばに芝生が広がり、
広いお庭で風呂につかっているような気分になるのだ。

こういうお風呂は、ありそうでなかなかなかった。
素晴らしい。

お風呂CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/10
24
[ #614 ]

土肥温泉

doi



【土肥温泉】
長い西伊豆の真ん中。
大きな花時計の隣には、誰でも気軽に入れる足湯がある。
まだ温かい時期だったからか、単なる故障かは分からないが、
2つある足湯のうち、1つは完全に「水」だった。
土肥温泉では、足湯以外に入ったことがない。
いつか温泉宿にゆっくり泊まりにきたい。


お風呂CM(21)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/09
30
[ #598 ]

湯の国会館 @伊豆

シルバーウィーク。
ありがたいことに、カレンダー通りの休みが取れた。
が、お金がないこともあり、遠出はせず。

ただ、1日だけ、長距離ドライブへ。
向かったのは西伊豆。

その帰り道、修善寺を通って帰ろうとすると、大渋滞。
さすが、連休。

渋滞の中、イライラと帰るのであれば、
どっかで温泉でも入って遅くに移動しようと思い立ち、
国道沿いに見つけたのが、「湯の国会館」。

伊豆市の市営の日帰り温泉施設。
さすがは、温泉大国の伊豆。
ちょっと探せば、簡単に日帰り温泉に出会うことができる。

狩野川沿いにあるこの温泉。
入った時間はすでに日が暮れていて、
残念ながら露天風呂から川を眺めることはできなかったが、
川のせせらぎを聞きながらの入浴。
気持ちがいい。

お湯は、なんだか効用がありそうな感じの肌感。

薬草が入った湯船もあり。
ただ、こちらは、町中の銭湯によくある薬草風呂と同じニオイで、
お風呂業界ではよく使われる入浴剤が使われているのかもしれない。

施設は全体的にちょっと古めだが、
まぁ、市営ということもあり、こんなモノか。

値段は800円+更衣室のロッカーが有料(100円)ということで、
断然施設が良い箱根の天山が1200円で入れることを考えると、
ややお高い印象。

500円くらいで、ロッカー無料だと、文句はないお値段だと思ってしまった。

お風呂CM(3)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

2009/06
30
[ #538 ]

蓼科グランドホテル 滝の湯 @蓼科

先週末、休暇をとって訪れた長野県の蓼科にある温泉。

いわゆる昭和の高度成長時代に作られた巨大温泉ホテルという感じで、
中には大宴会場からカラオケ、ゲームセンターまである。

ホテルそのものは、やや時代遅れになりつつあるが、
従業員の方は、皆、丁寧。
という訳で、全体的には好印象。

さて、肝心の温泉は・・・。

よかった。

ホテルの脇を流れる川を眺めながらの露天風呂。
周囲は木々に囲まれて、蒸し暑いこの季節もさわやかな風。

ちょっと高めのお風呂につかりながら、
気持ちがいい山の風で、時々体を冷ます。

梅雨の季節の平日。
お風呂にはほとんど人がいない。

雲の切れ目から、夏の強い太陽が時々顔を出す。
シーンとした中で、
水の流れる音だけがいつまでも聞こえてくる・・・。

あぁ、休みだなぁ。
ただ、ただ、休みだなぁ。

中身は何もないが、それが正直な感想。

そういえば、結構前に、奈良県の十津川にあった
公営の温泉もこんな感じだった。

また、行きたい。

蓼科グランドホテル 滝の湯 はこちら



お風呂CM(0)TB(0)URITOP

Copyright © クジラ [牛の歩み] All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。